そっと抱きしめてあげるから・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 第235号 娘の為の楽しいお弁当作り&・・・「君を愛したい・・・」他・・・

<<   作成日時 : 2012/04/30 01:59   >>

トラックバック 0 / コメント 10

チビナラー(下の娘)が中学生になって、
もうすぐ1ヶ月が経とうとしています
だいぶ学校にも慣れてきて、
部活も始めて
毎日、元気よく通っています 
そんなチビナラーの為に毎朝私は、
お弁当を作っています 
最近は、その機会をいい事に・・・

高校生の姫一号(上の娘)の奴が

・・・「私のもついでに作って〜!」
(^◇^)/・・・


と抜かしやがって、
仕方なく姫一号のも一緒に
お弁当を作っています 

毎朝作るのは大変だけど、
仕事が飲食に携わっている仕事柄、

苦ではなく、
むしろ娘達のお弁当を作るのを
私は自分なりに楽しんでいます




画像




私の作るお弁当は、
だいたい冷蔵庫の余っている材料を、
適当に焼いたり炒めたりして、

後は、わざわざお弁当の為に作った
お惣菜を添えて

口直しにフルーツの缶詰とかも、
時々入れて、
バランスを考えてます(笑)
 
お惣菜は、得意なポテトサラダや
ひじきや切り干し大根の煮物等なんですが、

チビナラーは実はポテトサラダが嫌いなんです 

一方、姉の姫一号は、
ポテトサラダが大好きなんです 




画像




この前なんかチビナラーが
ポテトサラダは嫌いだって言うのを口実に、

姫一号とかみさんが一緒になって
ポテトサラダを全部食べてしまいました 

せっかくチビナラーの為に作った
ポテトサラダだったのに・・・

これじゃ姫一号とかみさんの為に
作ったみたいじゃないかと

苦笑いしました 

それ以来、
ポテトサラダを作るのは
やめました




 
画像




毎晩、明日のお弁当には
何を入れようかな〜って思って、

チビナラーが喜んで
食べられるようなものを考えてます

最近は、ご飯に
シラスを混ぜたシラスご飯に凝っていて

チビナラーも大好きで、
ここ何日か

シラスご飯が続いています

それからチビナラーは、
つくだ煮海苔の
「ごはんですよ!」が大好きで、

それさえ与えておけば、
黙々と食べているくらい
大好きなんです 

だからご飯には必ず

「ご飯ですよ!」を

添えるようにしています 




画像




私は17、8歳の頃、
お弁当屋さんでアルバイトをしていた
経験があり、

しかも一人暮らしが長かったせいか、
お弁当を作るのは慣れていて、

娘達が幼稚園の頃から
私が自らお弁当担当になって、
作ってきました

それは私の子育ての
楽しみの一つであり、

幸せな事だと思っています

娘達がこれから
大きくなって、

自分がお弁当を作る立場になった時に
パパの作ったお弁当が

良い思い出として、
いつまでも心に残ってくれていたら

いいなって思います・・・




画像







『幸せなお弁当作り』
          バイナラー
 

君の為に お弁当箱を買ったよ 

赤い色で可愛いやつ

これにパパが毎日 愛情を詰めるんだ

休みの日に
一週間分のおかず 作ったよ

君の好みの味にして 

ご飯の隅に毎日ちょこっと岩海苔 

君が小さい頃から好きだったもんね 

飽きないように 
ふりかけも日替わりだよ 

朝は眠いけど 
君の為のお弁当作りは楽しい 

せっかく作ったお弁当 

カバンに入れるの 
忘れないでね 

明日はどんなおかずがいいかなって 
考えるのが楽しい 

君のお弁当が作れて 幸せ 

今日も明日も お弁当作るよ 

可愛い君の為に 

頑張っている君の姿を 

思い浮かべながら・・・





画像



画像



画像

          姫一号&チビナラー




              ・・・完・・・






《今日のチビナラーポエム》
コーナー




「計り知れない命」
      
《プロローグ》

中学生になったチビナラーの最初のポエムは、
何やら人々に訴えるような内容になった

彼女なりに命に対していろいろと考え、
どんな小さな命でも大切にしようって

命の尊さを

訴えたかったのかもしれない・・・パパより
                        





『計り知れない命』 
        チビナラー 


この世界に命は いくつあるのか

どんな小さい命も大きい命も

人も動物も植物も含めて

考えても その答えは

だれも答えないし 知らない


そして これからもずっと

表わせない

命は生まれ また終える

だから 今を生きるために

必死に生きる小さな命を
忘れずに

私たちも生きていく・・・

                




画像

        チビナラー(姫一号作)



「世界は仲間」

《プロローグ》

この地球に生きてる人間は、
人種や言葉が違っても、

みな同じ空気を吸い、

みな同じ太陽に照らされて
生きている

地球は言わば大きい家だ

その家の中では
たまに喧嘩もあるだろう

いがみ合う事もあるだろう

でもみんな大きい家で暮らす仲間なんだ

チビナラーは、このポエムで、

みな人は仲間なんだと

願いを込めている・・・
             パパより・・・





『世界は仲間』 
      チビナラー 


もしも私の右手が
君の左手をにぎっていたら

私の左手は 何をにぎろう?

世界の人々全員がつながって

この地球を 
かこめたらいいな

今すれちがった人が
仲間だと思いたい 

手と手つなげる勇気とやさしさが

どんな人にも

ありますように・・・
     
           




画像

         チビナラー(姫一号作)



《今日のバイちゃんポエム》
コーナー



「心の列車」

《プロローグ》

4月は、新しい出発の時ですね〜

チビナラーも中学生になって、
いろんな未知との出会いがあるでしょう 

姫一号はいよいよ受験生で、
また新たな緊張感を経験するでしょう

私も今年はどんな出会いが
あるのだろう?(笑)

そうやって人は
人生を進んでいくんですね〜


私達の人生は
旅を続ける列車のようです・・・





『心の列車』 
    バイナラー 


真っ青な 青空が広がった

まぶしい太陽の日差し

風は肌寒いけど 満開に咲き誇る桜達

春を運んで 

新しい出発を祝う 
自然の宴だ

身が引き締まり
心は不安と期待でいっぱいになる



毎年いろんな思いが駆け巡っては
消えてゆく

桜の宴が 終われば

今度は 新緑の競演会 

動き出した心の列車は
何処へ行くのか

行き先もわからないまま 
未知の人を 乗せては降ろして行く 

新しい出会いを求めながら
今日も走る 



行き先は これから自分が決めて行く

自分の為に

誰かの為に・・・





画像




「君を愛したい・・・」

《プロローグ》


結婚生活は、いつも順調とは限りません 

時には、暗い雲がかかる時だってあります

でもそれは生活してる以上
自然な事!

それも含んだ上で、
そんな相手の事も理解した上で、

愛していくのが、

本当の愛し方だと思います・・・



『君を愛したい・・・』 
        バイナラー
 

君の寝顔が なんとなく 冷たくて
悲しそうに見える

怒っているのかな僕の事

毎日生活を共にして 
いつでも幸せとは 

限らない 

時には暗い
冷たい風が吹きつける事もある






でも・・・ 


僕は君の事

嫌いにはならない 

たとえ傷ついても 
君の事 

考えていきたい 

いつだって 君を 
守っていきたい 

君の明るい笑顔が 見たいから 

寄り添う君が 愛しいから 

だから

だから早く戻って 
可愛い君に 

愛したい気持が うずいてる 

君を抱きしめたい
心ゆくまで 

君を愛したい 思いきり 

愛したい 

愛したい 



君を 

愛したい・・・





画像




バイナラー(^・^)Chu♪画像

最後に
お願い!
 


ランキングに参加しております!
下のバナーどちらかをクリックしていただけたら
ランキングが上がります!
どうか応援のクリックよろしく
お願いいたします!(^-^)
     ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 ポエムブログ 優しい詩へ

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
毎日の弁当、大変だと思っている私です。
大学生にもなったというのに、弁当作って〜という娘です。
バイナラーさん、幼稚園のころから作っているんですね。
すごいなぁ。
応援☆
ブルー・ブルー
2012/04/30 15:23
姫一号さんのイラスト、めちゃ可愛いですよ、ブログ村投票しました。
sisi
2012/04/30 20:27
大切な娘さんの為に作るお弁当。
とっても素敵ですね。
娘さんたちは、バイナラーさんの作ったお弁当でお腹も心もいっぱいですね。
starmay
URL
2012/05/01 11:48
バイナラ−さんの作ったお弁当すっごくおいしそうですね〜♪
おじょうちゃんたち二人ともきっととても感謝していると思います♪
イヴォンヌ
URL
2012/05/01 19:27
パパのお弁当、きっといつまでも忘れられないでしょうね。
にしても、私よりずっといいお弁当作るじゃん、ばいちゃん。

いつもながらチビナラーちゃんの詩、いいですね〜〜〜。
黎明
2012/05/03 22:08
うっっ、全部手作りのお弁当!
参りました〜。
私なんて、半分は冷食よ(^^ゞ
パパのお弁当を食べられる子って
そういないもの♪
幸せなお嬢さんたち(*^_^*)
自慢のお父さんですね。
oriver
2012/05/09 20:16
読者登録ありがとうございます!アメブロもされていたのですね!
お弁当、プロっぽいです、それぞれの味付けがとっても気になります。きっとどれも変えてあって被らないようにしてらっしゃるんでしょうね。

お弁当作りって発見することが多いです。
やっててよかったって思える事ばかりです☆
えつこ
URL
2012/05/11 11:48
今晩はぁっ!
リラですっ(^^)!
ゴクリゴクゴク…。。
バイちゃんのお弁当、美味しそうっ☆。。
とっても素敵なお話だね。
心がほんわかしたよ〜。。
きっと姫ちゃんたちの心に、
素敵な思い出として
いつまでも残るんだろうなっ。。
チビナラーちゃんのポエム、
とっても優しいね。
いい子なんだろうなぁ。。
もちろん、姫ちゃんもね。。
バイちゃんのポエムも
愛情たっぷしだね。(^−^)。。
リラ
URL
2012/05/12 20:03
ごぶさたしてますm(__)m
いいお父さんですね〜〜
そっか、飲食業でしたもんね…
レパートリーも豊富!
やはり、娘さんはかわいいから
何でもしてあげたくなりますよね!
私の息子へしてあげたくなるのと同じかな(笑)
自慢のお父さんですね。
gororiku
2012/05/14 23:38
お父さんの愛情たっぷりのお弁当。お二人のお嬢さん本当に幸せですね。私も中学・高校とお弁当。中学のときは母手作りでした。高校のとき母が亡くなり、私が弟と父のお弁当を作るようになりました。
かるきち
2012/05/15 20:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
現在の閲覧者数: edita.jp【エディタ】
第235号 娘の為の楽しいお弁当作り&・・・「君を愛したい・・・」他・・・ そっと抱きしめてあげるから・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる