そっと抱きしめてあげるから・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 第247号 姫一号高校卒業!夢に向かって進め!&・・・「きっと歩いていける」他・・・

<<   作成日時 : 2013/03/13 19:12   >>

トラックバック 0 / コメント 7

毎年恒例になってきた
2月の私の連休
自分の体を休めるのが
目的だが、逆に
普段出来ない事を
行なえる
チャンスでもある
それで

今年は、進学が決まった
高三の姫一号(上の娘)が
あとは、卒業式の練習や
卒業式しか
高校に行かなくていいと言う事で、

毎日、
家の掃除や洗濯等を
している


それで私の休みが
かぶったので、

4月から行く
看護学校の準備金等の
引き出しや、

また初めて、
姫一号名義の
預金通帳を作る為に

姫一号と二人きりで
銀行に行った


姫一号が生まれた時から
毎月5000円ずつ
コツコツと貯めておいた
定期預金


看護学校の入学金と
教科書代や制服代
その他諸経費等、

このような形で使える事は
私の本望であり、
嬉しい事だ

姫一号も私に感謝し、
嬉しそうだった

でも何より、
姫一号が頑張って、
希望の学校に
入れたからこそ

このように
使えるのであって、

それは姫一号の
努力の賜物だと思う

親は、用意はするが、
それを使えるには
条件付きだ

その条件を
クリアーした
姫一号を

尊敬したい




それから姫一号は、
新しく
バイトを始める

今まで私の勤務先の
ヘルプと言う形で
バイトはしていたけど、

これからは、
まったく知らない
別な職種で別な場所で
バイトする事になった

それは私の
薦めでもあった

別に私の勤務先で
一緒に働いても
良かったのだが、

やっぱり
私のもとだと、

例えば、
失敗しても
店長の娘だからとか

ヘルプだからとかって
大目に見られてしまう

でもそれは
姫一号の為にならない事


やっぱり姫一号には、
失敗したら、

しっかり
叱ってもらえる環境が
必要だと思う


だから私はあえて、
外を見させて

甘えが許されない
まったく知らない
別な場所で
バイトさせる事にした
それが姫一号の為に
なる事だと思うから


最初は、きついかも
しれないけど、
それを乗り越えないと
ダメだ

まして、将来
看護の道で
働きたいと
思っている身

過酷な世界で
働く為に

辛い事があっても
それを乗り越えられる術を
今から

身に付けないとダメだと思う





私はいつも
姫一号に
どういう時も
頑張れとは言わない

バイトだって
学校だって
嫌なら
辞めればいい

看護学校はもともと
私が望んで
行かせた訳じゃないんだから

姫一号が自ら選択し、
努力して
勝ち取った道なんだから

バイトだって
嫌なら
やっぱり私のもとで、
ぬるま湯に浸かって
働けばいい

それがいいなら・・・


人間は何事も
諦める事は簡単だ

もっともらしい
理由をつけて
自分を納得させ

いつだって
諦められる

それに対して周りは
何も言えない
あくまでも
自分が決める事だから


どんなに今まで
努力して
頑張って来ても


所詮、
それだけの
人間でしかなかったと
言う事だ

それはそれで
その人の能力だから
仕方がない

私も何も言えない


どの道を選ぶかは
姫一号本人が
決める事だから







先日、3月1日は、
その姫一号の
卒業式だった

私も仕事だったが
午後からにしてもらって
出席した

思えば姫一号の幼稚園の
入園式から始まって、
小学、中学、高校の
入学式、卒業式と、
一日も欠かさず
私は出席してきた

ずっと姫一号を見てきて、
それぞれにその時の表情があるが、
今回が一番、

姫一号の表情は
自信に溢れ、
充実したような
表情をしていた


三年間は短かったけど、
この三年間で
いろいろ経験して
学び、成長した

ボランティアで
お年寄りを
お世話した事

また、
私の仕事のお手伝いで
アルバイトをして

接客の難しさや
お金を稼ぐ事の
大変さを
思い知った事


そして・・・





誰も予想もしなかった
東日本大震災!



姫一号は、当時
高校1年生だった



簡単に
海に流されていく家屋の
映像を
何度もテレビで見て、

幸せが一瞬でなくなる恐怖を
目に焼き付けていた


そして、

それから起きた
原発事故

放射能汚染の拡大の
不安や、

計画停電による
生活の混乱、

お米、パン、麺類、水、
電池、ローソク等、
生活必需品が
手に入らなくなった事、

私の仕事も危ぶまれる状況に
陥った事も

姫一号は知っている


そんな体験を姫一号はしてきて、

決して人事ではない
自分達の危機感を

直に肌と心で
感じただろう


でも同時に、
その体験から

人と人の絆や家族の絆の
大切さを

改めて、

思い知らされた



姫一号が、
ボランティアを始めたのは
高校2年から


福祉や看護の道への
思いに
拍車がかかったのも
この体験が
大きかったのかも
しれない




来月から、
新たな環境で
自分の夢を実現する為に

扉を開けて進んでいく



過酷な世界なのは
姫一号本人が
一番わかっている事

私は、そんな姫一号を
これからも
ずっと見守り

ずっと支えていきたい

私に出来る事は、
何でも
してあげたいと思う



パパとして・・・

親として・・・




         ・・・完・・・




画像





《今日のチビナラーポエム》
コーナー


今回も、お休みで〜す!

3月9日で、
13歳になりました〜!




画像

       パパが作ったバースデェーケーキ!


《今日のバイちゃんポエム》
コーナー




「厳しい朝」

《プロローグ》

3月に入って
やっと暖かい日々が
来ました

今年の冬はいつもより増して
寒かったですね〜

真冬の朝は、
寒くて起きるのが
大変

自分に厳しくしないと
起きられなかった

暖かくなると
そんな寒さも
忘れてしまいますが(笑)

厳しい朝
寒さとの戦いでした

真冬の
そんな厳しい朝に
書いたポエムです

よろしくお願いします!





『厳しい朝』 
    バイナラー
 


凍りつくような 冷たい風が
雨戸を叩いて 

僕を眠りから目覚めさせた 

アラームが鳴り響いても 

布団の温もりから 
出る事を嫌がる体 

ギリギリの時間まで待ってくれと 
僕をひき止める 



曇り空は 

寒さをあおる 冬のいじめっ子 

早く太陽よ 出て来てくれって
祈ってた 

マスク越しに 鼻水が流れ 

すすりながら 自転車をこぐ 

駅に着くまで待ってくれと 

思いながら 



道路脇を見ると 
小さな水たまりが光ってた 

固くコチコチに凍って 

真冬の朝は 厳しい朝 

妥協を許さない 



厳しい朝だ・・・





画像





「きっと歩いていける」
         
《プロローグ》

高校卒業までの三年間は
短い時間

でもその三年で
人は大きく変わるもの

卒業式で
みな涙を見せる中、

まったく
涙を見せなかった姫一号

君の泣くポイントは
人とちょっと
違うのかもしれない(笑)

君が見ているのは
新たな道

過去は通り過ぎ
振り返らない

君ならきっとその道
歩いていけるよ!

きっと歩いていける





『きっと歩いていける』 
          バイナラー
 


拍手に招かれて
入場してくる君

ちょうど三年前も
同じような光景だった

不安と緊張でいっぱいだった
三年前 

でも今は 堂々と歩いてる 

三年間の経験が 
君を大きくさせ 強くさせた 

赤い額に入った卒業証書を手に 
君は扉を見ている 

新しい扉を 

強い決意と新たな気持を持って 






踏み出した足は
たくさんの人達に支えられて 

君を守り 後押しする 

辛い事があっても
君はきっと 歩いていける

だって君は強いんだから 

きっと きっと 歩いていける

きっと歩いて 



いけるから・・・





画像




バイナラー(^・^)Chu♪画像

最後に
お願い!
 


ランキングに参加しております!
下のバナーどちらかをクリックしていただけたら
ランキングが上がります!
どうか応援のクリックよろしく
お願いいたします!(^-^)
     ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 ポエムブログ 優しい詩へ

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


月別リンク

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
自分で選んだ道ならば、しっかり歩いて行くんではないでしょうか。
これから、少しずつ自分の希望をかなえて行けるといいですね。
応援☆☆
ブルー・ブルー
2013/03/13 20:19
バイナラ−さんの親子の愛を感じますね〜
お父さんがコツコツ貯めた貯金とそれに感謝してがんばったお嬢さんすばらしいな〜♪
イヴォンヌ
URL
2013/03/14 19:41
姫一号さん、ご卒業おめでとうございます。看護師の道を歩むのですね。姪が看護師としてもう3年。早いものです。看護学校は勉強もとても大変なようですが、姫一号さんならきっと大丈夫でしょう。バイトも楽しんでやってもらいたいですね。応援です。
かるきち
2013/03/14 21:11
毎月5000円の貯金!娘さん、感激したでしょうね・・・
私たちが結婚する時も、義父から実はこれ・・・と、夫が実家に入れていた食費の積立を全く使わずに置いてくれていて、それを丸ごと結婚資金で下さったこと、これには泣きそうになりました。
親の愛って無償なんですね、本当にすごい。
私たちにはできるかどうかわかりませんが精いっぱいのことをしてやりたいと思います。
えつこ
URL
2013/03/15 10:13
長女さん、ご卒業おめでとうございます。
バイナラーさんはほんとに立派な親御さんですね。
この文章を読んでじ〜んとしました。
わたしも仕事で甘えが出てないか改めて考えさせられました。
いろいろと大変なこともあると思うけどアルバイトがんばって欲しいですね。。

チビナラーちゃん、お誕生日おめでとうございます^^
はこふぐ
2013/03/15 12:11
バイナラーさん
ブックマーク変更ありがとございます♪

娘さん、ご卒業おめでとうございます!
バイナラーさん本当に娘さん想いの
素敵なお父さんですね。

本当に尊敬です!
詩も心に響く最高の詩ですね!
バイナラーさんの詩を読んだあとは
自分の未熟さを痛感させられます
とんかち
URL
2013/03/17 06:37
お嬢様のご卒業おめでとうございます。
これからの日本を考える若者たちですものね。応援しています。
夢に向かって。。。
あ〜、若い力!素晴らしい。

チビナラーちゃん、お誕生日おめでとうございます。
パパのケーキでお祝い、素敵ですね!
ケーキがとってもおいしそう♪
黎明
2013/03/18 19:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
現在の閲覧者数: edita.jp【エディタ】
第247号 姫一号高校卒業!夢に向かって進め!&・・・「きっと歩いていける」他・・・ そっと抱きしめてあげるから・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる