そっと抱きしめてあげるから・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 第263号 七夕の日に贈る詩 ’16・・・「 君の香り」

<<   作成日時 : 2016/07/07 02:11   >>

トラックバック 0 / コメント 3

皆さん〜!
お久しぶりです!
お元気にお過ごしでしょうか?
梅雨の真っ只中にもかかわらず
関東地方は
今年は雨らしい雨も降らず
水不足が心配です

一方で暑くなるのは早くて
人10倍寒がりの私も
いい加減
半袖に変えました!(笑)

さて、今年もやってきました
七夕の日に贈る詩!

最近はなかなか詩を書く事が
出来なかったのですが
久しぶりに得意の?
愛の詩が書けて良かったです!(笑)


私ももう〜歳ですからね〜
若い頃のような甘く
情熱的な愛の詩は
書けなくなりました(涙)

でも今は歳を重ねたからこそ
書ける愛の詩が
書けると思いますので
それはそれで良いのかなって

思う次第で
ございます!(笑)



それでは参りましょう
七夕の日に贈る詩 ’16

よろしく
お願い致します!





「君の香り」
《プロローグ》


おかげさまでうちの
姫一号(上の娘)は
無事に看護師試験に合格して
この4月から県内の国立病院で
働いております

子供達も順調に育ってくれて
私達夫婦も幸せな親だなって
つぐつぐ思いますね〜

お互い共働きですれ違いの日々
妻とはほとんど
会話する時間がないけど

毎晩先に寝ている妻を観るだけで
何故か...

安心します!(笑)


お互いお疲れさまって
私は寝床に入ります


君の香りを

嗅ぎながら...




画像





『君の香り』
    バイナラー
 

真っ暗な寝室に 

手探りで小さな灯りをつけると 

疲れてぐっすり眠っている君がいる 



毎晩君に会えるのは真夜中 

自分の足音しか聞こえない 

静かな真夜中 



僕はいつの間にか 

君の唇の温もりを

確かめるのが 習慣になった


会話はないのに なぜだろう?

お互い気持が 常に一緒なのが

わかるんだよな〜


毎日すれ違いの日々なのに... 







君のそばには僕がいて

僕のそばには...


やっぱり 君がいるんだよな〜 




君の香りがしてる 


君の香りがしてくる 


君の香りは 僕にしかわからない 

僕だけの香りだから... 




君の香りを嗅ぐと 

僕は落ち着くんだな〜



君の香り...


君の香り...


僕は...





大好きだよ... 




画像




バイナラー(^・^)Chu♪画像

最後に
お願い!
 


ランキングに参加しております!
下のバナーどちらかをクリックしていただけたら
ランキングが上がります!
どうか応援のクリックよろしく
お願いいたします!(^-^)
     ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 ポエムブログ 優しい詩へ

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰してます🎵

娘さん、ついに看護師ですか

ゆめがかなってよかったですね

僕は司法試験の勉強中です🙈🙉🙊
とんかち
2016/07/07 10:46
バイナラ−さん、お嬢さんの看護師試験合格おめでとうございます♪
そして、いつまでも奥様とお幸せに〜)^o^(
イヴォンヌ
URL
2016/07/07 16:14
お嬢さん看護師になられたのですね。おめでとうございます。夢を追いかけて叶えてすごいことですね。奥様への愛情の詩もとても素敵です^^
かるきち
2016/07/08 22:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
現在の閲覧者数: edita.jp【エディタ】
第263号 七夕の日に贈る詩 ’16・・・「 君の香り」 そっと抱きしめてあげるから・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる